いたさんのブログ

rails to Niigata

RubyKaigi 2009 最終日

最終日は日曜にも関わらず9時半からのセッションでしたが、午前中は元気に中会議室のセッションに参加。

田中さんのSocketの改良の話は、私にはちょっとテクニカルすぎましたが、おかげでNFSをマルチホームで使った際に発生した障害の原因らしきものに気がつきました。ありがとうございます。

artonさんのセッションは、なかなかためになる小技が聞けて収穫でした。

ごとけんさんの、いつものシリーズも、肩に力が入らないセッションで、ちょっとした作業をRubyで自動化する姿勢は見習いたいものです。あと出力をcvsではなくタブ区切りにする工夫もなるほどと思いました。

西山さんのrubygemsの落とし穴については、知っている事も多かったのですが、行儀の悪いgemをsudoでインストールすると怖いという話は正直びっくりでした。Debian系に関しては、私はrubygemsのdpkgは使わず、手動でインストールするのがよいと思っていますが。

午後のセッションは、James Edward Gray II (JEG2)さんのネットワーク監視の話とAaron PattersonさんのXMLの話を聞きました。

JEG2さんのScoutについては、名前だけは知っていたのですが、興味深い取り組みだと思いました。普通、長時間常駐が必要なアプリをなかなかRubyで書こうとは思わないものですが、プロセス監視を別の軽量なプロセスで行うという発想は面白いですね。

「ひげの山男」ことAaronさんのセッションは、現場にいた人でないと解らないかもしれませんが、爆笑の連続でした。その中でも、ちゃんと技術的なメッセージが伝わっていたのはすごいです。

最後の技術セッションは桑田さんのErubisのセッションを聞きました。Erubisも使った事がないので、使ってみようと思ったのですが、最後にどんでん返しで、これからはTenjinですと言われたのはびっくり。Sinatraの人からも名前が出ていたし、調べてみなければ。

締めのキーノートは、高橋会長でした。いつも通り?の和服で登場し、ちょっと緊張気味にRubyと日本Rubyの会の課題について語ってくれました。

時間がなかったのでReject会議は昨年に続いてパスしましたが、聞きたかったな。

Published on 07/20/2009 at 03:01 under . タグ

Comment RubyKaigi 2009 最終日

Powered by Typo – Thème Frédéric de Villamil | Photo Glenn