いたさんのブログ

rails to Niigata

Sun MicrosystemsでDirector of Web Technologiesという肩書きを得ているXMLの生みの親の一人、Tim Bray氏のブログポストが、削除されました。

Us and Them

UsとはいうまでもなくSun Microsystems、ThemとはOracleの事です。

I have been notified by Sun’s legal staff that this posting may not be appropriate at this time, and asked to take it down.

このブログ記事が、この時期には適切ではないとSunの法務部から削除するように通告されたという事です。

原文はACMのサイトに残っていました。

http://queue.acm.org/blogposting.cfm?id=12610

この記事はOracleとSunの持っている製品やカルチャ、強み弱みを比較したもので、削除要求をされるようなものではない気がするのですが、Tim Bray氏がトラックバックでのリスト完成を呼びかけていたのがまずいと思われたのかもしれません。

それにしても、Tim Bray氏のような著名人が、自由にものが言えなくなっているというのは「いやな予兆」ですね。

Sun MicrosystemsでJRubyのチーフ開発者であるCharles Nutter氏は、次のような「連載」を始めました。

The Future: Part One

初回の記事は、プログラム言語の未来という内容ですが、慎重に言葉を選びながら次のように述べています。

It’s apparent that the Java platform is at a crossroads. One path leads to irrelevance, be it through general apathy that important technologies are getting sidelined, or through active emigration due to bureaucratic processes and waterfall platform evolution. The other path leads to a bright, open future, where polyglots romp and play with fresh new languages and developers have freedom to use whatever tools they feel are necessary for a given job. Given the large investment many of us have in this platform, we need to start talking now about which direction we want to go.

拙訳ですが、

Javaプラットフォームは大きな分岐点にさしかかっている。一方の道は、重要な技術が「退場」させられる事に関する、全体的な無気力・無感動、あるいは官僚的なプロセスや、ウォーターフォール型のプラットフォーム進化に起因する活発な「移住」が招く「不評」に通ずる道である。もう一方の道は、明るく開かれた未来に通じる道だ。そこは、多言語使い達が、生き生きとはしゃぎながら、新しく生まれる数々の言語とともに遊びまわり、開発者は与えられた仕事に必要だと感じたどんなツールでも使う事のできる世界である。私たちはこれまでこのJavaというプラットフォーム多くの投資を行ってきたのだから、今こそ私たちが進みたい未来はどちらなのかの話し合いを始めなければならない。

使命感にあふれたすばらしい檄です。まったく同意します。でも、JRubyの中の人がこういう事を言わなければならない状況を推察すると悲しくなりますね。

Published on 04/25/2009 at 03:01 . タグ , ,

0 comments

米オラクルがサンを買収へ 7300億円で
http://www.asahi.com/business/update/0420/TKY200904200329.html

Published on 04/20/2009 at 14:35 under . タグ ,

0 comments

PostgreSQL用のRubyアダプタは、Rubyで書かれたpostgres-prと、Cで書かれたライブラリがありますが、Cで書かれた方は、名前がpostgres、ruby-postgres、ruby-pg、pgところころかわった上、Windows用のバイナリが提供されなくなったため、Windowsでは使いにくくRailsではMySQLが好まれる一因になっているような気がします。

一時はpgのメンテナがWindowsでコンパイルできる人を募集するなどしていたようですが、最近ではバイナリパッケージは出ていないものの、Windowsでのコンパイル方法がフォーラムで紹介されるなど、状況が改善されてきています。

http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

私もいろいろ試してみたところ、最新版では通常のgemでもコンパイル導入ができるようなので、紹介しておきます。

1. PostgreSQLのインストール

最新版の8.3.5-1をインストールします。インストールオプションで開発用のモジュール(インクルードファイルとライブラリ)を追加しておきます。

2. Visual C++ 2008 Express Editionのインストール

下記のページから、Visual C++ 2008 Express Editionをダウンロードし、インストールします。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

3. Rubyのconfig.hの修正

Ruby 1.8.6のヘッダファイルconfig.hには、Visual C++のバージョンを6.0に限定する下記のディレクティブが含まれているため、これをコメントアウトします。


/*
#if _MSC_VER != 1200
#error MSC version unmatch
#endif
*/

4. gemのインストール


環境変数を利用するため、Windowでスタート>すべてのプログラム>Microsoft Visual C++ 2008 Express Edition>Visual Studio Tools>Visual Studio コマンド プロンプトを起動します。
このコマンドプロンプトからgemをインストールします。

>gem install pg
Building native extensions.  This could take a while...
Successfully installed pg-0.7.9.2008.10.13
1 gem installed
Installing ri documentation for pg-0.7.9.2008.10.13...
Installing RDoc documentation for pg-0.7.9.2008.10.13...

のようにインストールできればOKです。

Published on 11/28/2008 at 13:12 under . タグ , , , ,

0 comments

ブログを更新しない日が随分続きましたが、Appleの新しいMacBookのリリースを機に、Macユーザーに復帰しました。 Macを買うのは、Mac Plusから数えて、5台目かな。BTOで、4GBメモリ、320GBディスクでUSキーにしました。

VMware Fusionも購入したのですが、余っていたWindows XPのライセンスがアップグレード版で、元のライセンスがないことがわかり、仮想マシンは当分Ubuntuのみになりそうです。

Published on 11/25/2008 at 11:20 under . タグ ,

0 comments

Microsoftがオープンソースプロジェクトとして開発しているIronRubyが初のバイナリをリリースしました。

http://rubyforge.org/projects/ironruby

まだ、アルファ版ということですし、C版のRubyや、JRubyなどに比較しても「何倍も遅い」状態ですが、標準ライブラリを添付したバイナリリリースの登場は、大きなマイルストーンだったと思います。

開発者のJohn Lam氏がブログ("IronRuby at OSCON":http://www.iunknown.com/2008/07/ironruby-at-oscon.html )で紹介していますが、OSCONで発表された中には、オープンソースのリポジトリサービスとして急速に普及しているGithubで、Microsoft以外の開発者がコントリビュートするためのプロジェクトを立ち上げていくということです。第1弾は、SilverlightをRailsアプリケーションに組み込むためのPluginだそうです。

さらに、Microsoftにとって画期的なのは、IronRubyの開発中に行った、RubySpecのコードの修正版を、RubySpecプロジェクトにコントリビュートするということです。Microsoftが自社以外のオープンソースプロジェクトにコードを提供するということは、「Microsoft的には」大変な事だったようです。

Published on 07/26/2008 at 03:32 under . タグ , ,

0 comments

突然登場したChimarsですが、長女の描いたキャラです。
ちまちましたマンガを描くのがとくいなので、そのキャラを勝手にChimarsと命名しました.

Published on 07/26/2008 at 03:29 . タグ

0 comments

Published on 07/17/2008 at 16:37 .

0 comments

Published on 07/15/2008 at 15:26 . タグ

0 comments

TuneCoreのAlex Kaneさんの事例紹介。

主にインディーズのメディアファイルの配信(iTunes, Amazon MP3 etcへの)ビジネスなのだそうです。

1日に100のアルバムをリリースしているそうです。

フロント(アーティスト側)は通常のアカウンティングサイト。ただし、大きなファイルのアップロードは、mongrelではなくてmerbを使っているとのこと。

配布エンジンはほとんどRuby。ただしエンコード変換は外部、XMLのValidateはJavaだそうです。

メッセージキューをYAML形式で実装しAmazonのサービスを利用。

Amazon EC2を使って配信サーバーを動的に管理している。700のサーバーを起動するのに5分。ストレージはAmazon S3。

前田修吾さんの話。「Rails症候群」

  • protectedの多用(誤用)
  • 既存クラスの再定義をしたがる
  • Rubyが何だか知らない
  • 文字列とシンボルの区別がつかない
  • !の誤用

でも、Rubyのせいかも?

  • protectedは不要?
  • selector namespace/classbox

多様性を保証するためにも言語仕様を。

RubySpecはいいけど、政府調達には…ISO化も考えているとのこと。

Published on 06/22/2008 at 08:00 under . タグ ,

2 comments

iKnowの開発者Zev Blutさんによる事例報告。

2週間のリリースサイクル。短い。

失敗談:ActiveRecord count/size/lengthの違い

失敗談:OpenIDの認証が遅くなった

失敗談:ファイルシステムext3の限界でキャッシュができない

継続インテグレーションツールKwalaのおまけつき。

食べログの京和さんの事例。

Windows/ASPからRailsへの移行だったのだそうデス。

メモリ喰い対策。

データベースの負荷分散。MMCはダメ。ActsAsReadonlyableで。

クエリーはテーブルを件数、ID、属性の3段階に分けてチューニング。

routeは書いていないがそれほど特別な事はしていない。大規模でも大丈夫。

jpmobileのしだらさん。

携帯向けアプリを作る上での数々の機能を、携帯キャリア・機種によらずAPIで提供。すばらしい。絵文字変換機能まで。

Published on 06/22/2008 at 06:40 under . タグ , ,

0 comments

Powered by Typo – Thème Frédéric de Villamil | Photo Glenn