いたさんのブログ

rails to Niigata

Rails Date Picker 日本語版

Japanese version of the Rails Date Picker v0.31.

Original Rails Date Picker was written by David Lee (david [at] davelee 
[dot] com [dot] au), and the project homepage is
http://projects.exactlyoneturtle.com/date_picker/ .

Japanese Modification was done by Masatoshi Itagaki(masatoshi [at] rails 
[dot] to).

  License:
  use, modify and distribute freely as long as this header remains intact;
  please mail any improvements to the authors

Changes:

change the order of links(year before month).
change month names to corresponding numbers.
change days  of the week to Japanese abbreviation.
delete the function, formatDay and references.
add a parameter showSuffixesInLink to select the link format.
add a parameter showDayOfWeek to choose whether the day of the week
appended after the link.
modify date_picker_helper.rb and add parameters to date_picker_helper to
pass them through.

\datepickerj.zip\

このrails helperは、David Leeさんが
http://projects.exactlyoneturtle.com/date_picker/
で公開しているRails Date Picker v0.31を日本語化したものです。

==
ライセンス
==

このソフトウェアは、David Leeさんのライセンスと同条件で公開されます。

原文(date-picker.jsソースより引用)


/* ANSI Datepicker Calendar – David Lee 2005

david [at] davelee [dot] com [dot] au project homepage: http://projects.exactlyoneturtle.com/date_picker/ License: use, modify and distribute freely as long as this header remains intact; please mail any improvements to the author

*/

/* ANSI Datepicker Calender – Japanese Modification – Masatoshi Itagaki 2006

masatoshi [at] rails [dot] to distribution page: http://rails.to/pages/datepickerj/ ライセンス: このヘッダがそのまま添付されることを条件に、自由に使用、変更、配布ができ ます。改良を行った場合には、著者(David Lee氏および板垣)にメールしてくだ さい。 バグの報告は板垣までお願いします。

*/

====
インストール
====

各ファイルを、Railsプロジェクトの該当するディレクトリにコピーしてください。

date-picker.js public/javascripts
date-picker.css public/stylesheets
date_picker_helper.rb app/helpers

== 設定 ==

(1)文字コードの設定

アプリケーションでUTF-8を使用するように設定を行います。

a)$KCODEの指定
config/environment.rbファイルの先頭に次の行を追加します。




$KCODE='u'


b)charsetパラメータの指定
app/controllers/application.rbに次のようなフィルタメソッドを定義します。




class ApplicationController < ActionController::Base
  before_filter :set_charset

private def set_charset headers[\“Content-Type\”] = \“text/html; charset=UTF-8\” end

end

(2)設定パラメータの指定

date-picker.jsのなかの、DatePickerの動作を決定するパラメータは次のとおりで
す。それぞれの値は既定値を示します。


// 高さを一定に保つか否か:falseに設定すると、カレンダの最後の行が空の場合
// 削除します。
constantHeight: true,

// 年の選択にSelectリストを使用するか否か:
useDropForYear: false,

// 月の選択にSelectリストを使用するか否か:
useDropForMonth: false,

// 年のSelectリストで、現在からどれくらい前の年号を表示するか
yearsPriorInDrop: 10,

// 年のSelectリストで、現在からどれくらい後の年号を表示するか
yearsNextInDrop: 10,

// 現在の年
year: new Date().getFullYear(),

// 週の初めの曜日 (0=日, 1=月, …)
firstDayOfWeek: 0,

// リンク中で年の下2桁のみを表示します
abbreviateYearInLink: false,

// 月のSelectリストが使用される場合、インラインで書かれるサイズ(ピクセル)
largeCellSize: 22,

// これを設定した場合、日付を選択すると指定されたURLに送信されます。
// 例:’指定されたURL?date=’
urlBase: null,

// 選択を元に戻すキャンセルボタンを表示するか否か
showCancelLink: true,

// リンク中に年、月、日の文字を表示するか否か:trueの場合、%Y年%m月%d日で、
// falseの場合、%Y/%m/%dで表示します。
showSuffixesInLink: false,

// 曜日を表示するか否か:trueの場合、年月日の後に(火)のように表示します。
showDayOfWeek: false,

(3)Viewでの記述法

Layout等にJavaScriptおよびCSSのリンクタグを挿入します。




<%= javascript_include_tag('date-picker') %>
<%= stylesheet_link_tag('date-picker') %>

View中に次の形式で記述します。




<%= date_picker_helper(object, method, showSuffixes, showWDay) %>

ここで、objectおよびmethodは、date_picker_helperを使って登録・編集を行うモ
デルのオブジェクト名とメソッド名(列名)を指定します。

showSuffixesは、年、月、日の文字をつけるか否か、showWDayは、曜日を表示する
か否かを指定します。

showSuffixesおよびshowWDayは省略可能で、省略した場合falseとして扱われます。

Powered by Typo – Thème Frédéric de Villamil | Photo Glenn