いたさんのブログ

rails to Niigata

artonさんによる、拡張ライブラリのためのRailsもどき。テンプレートからのScaffold生成。私は拡張ライブラリを書くことは多分ないと思うけど、便利そうです。

ごとけんさんの「さらに仕事に使うRuby」では、redMine活用に変わっていた点が注目。会社でも使ってみるか?

咳さんは「erbを偲んで」というタイトルは釣りで、GUIにおけるテンプレートとコードの役割についての持論を展開。ベンチマークの話は半分は拍手半分は爆笑。照れ屋の咳さんらしいですね。

途中から多目的ホールに移って、前田KさんのDSL話と、JUDEとRubyをつなぐ野村さんのLuRuJuの話を聞いた後、また大ホールに戻りました。

大ホールに戻ってよかったのがAppleのLaurent SansonettiさんのMac OS XでのRubyの話。RubyCocoaからMacRubyにいたる話は想像通りでしたが、ビックリしたのはMacRuby上でCocoaプログラミングを簡単にするHotCocoaなるライブラリを、*昨日*から開始したよと言う話。RubyCentralのRich Kilmerさんが協力して、一晩で320行のコードを実装。Cocoaを直接呼ぶよりはるかに簡単そうです。

さらにビックリなのが、Q&Aで明かになったこと。MacRubyでは、RubyのArrayやStringなどをObjective-Cのネイティブオブジェクトに置き換えているのですが、そのメソッド再実装などの力業をLaurentが一人でやっているということ。それもフルタイムではなく。

Published on 06/22/2008 at 05:11 under . タグ , ,

東大の増原さん。Ruby「で」プログラミングを教えているという話。

何でRubyか?

大学でのコンピュータサイエンス学科の人気低下。=>ハッカー以外の学生をどう惹きつけるか?

プログラミングを楽しく。(v.s. Java)

Yumi3は企業向けのソフトウェア教育。

「社内でRuby開発者を増やすには」自分たちで教えましょう。

実習はペアプログラミング!

TDD。だけどテストコードは講師が与える。

社内だけでなく、コミュニティでも教育をしましょう。

Yuguiさんは、RSpec によるBDD。

Subversionは共有フォルダ代わりになれさせた。

COM + ASP.NETの火消を諦めて、SeleniumとRSpecをツールにRailsで書き換え。

Yuguiさんたちのお手本がみんなに普及。

Published on 06/21/2008 at 08:02 under . タグ , , , ,

Ruby M17Nについて。

CSI方式<=> UCS Normalization方式

Stringはバイト列のまま、それぞれのStringのインスタンスがエンコーディングを持つ。

様々なRuby1.9のM17N機能の説明。

Martin J Dürstさんのコード変換機能の話。

変換のハブはUTF-8。バイト毎に2つのテーブルを参照。

Encodingを意識しましょう。Encodingに依存しないコードを書きましょう。Magic commentを書きましょう。だそうです。

Published on 06/21/2008 at 06:33 under . タグ , ,

まつもとさんの基調講演は「プログラミング梁山泊」。

LISPは梁山泊だった。

FORTRAN/COBOL/Adaは梁山泊ではない。(仕事の道具。技術より結果)

UNIXも梁山泊。

Smalltalkも梁山泊。

Java(の一部)も梁山泊。(LISPやSmalltalkの技術を吸収しながら進化し続けたJVM)

  • 技術者が集まる
  • 新しい技術が生まれる
  • 世界が変わる

Ruby梁山泊!!!

  • 感性を重視
  • 生産性を重視
  • 俊敏性を重視

多数の実装が生まれている。Smalltalkなどの技術も流れこみ始めている。

互換性はRubySpec。標準規格もつくる。(政府調達に必要!)

楽天との共同研究も紹介。(by 楽天)

ROMA(止まらない・成長する分散ハッシュ)

fairy(スケーラブルで妥当な速度の使いやすい分散処理)(MapReduceの真似ではない新しいもの)

Published on 06/21/2008 at 05:34 under . タグ , , ,

Evan PhoenixのRubinius。

ルーズでファンなコミュニティを心がけているとか。


class Rubinius < Smalltalk
  include Ruby::Syntax
  include Ruby::Behavior
  include GoogleSearch("crazy cs papers")
end

だそうです。

コンパイラをRubyで実装しているのが特徴ですが、コードもデータ(S式)に変換してコンパイルするのだそうです。

また、コンパイラにプラグインがかけるというのもおもしろい所。

コンパイラが出力したバイトコードをデコードして確認できる所が、実験的は便利そうです。

Cでかかれた拡張ライブラリをサポートするAPIを持っていますが、CRubyと違って別に管理されるオブジェクトだそうです。GCで移動加納というメリットはありますが、その代わり遅い。

マルチVMも実装済み。

Published on 06/21/2008 at 03:11 under . タグ , ,

JRubyはCharles Nutter。

デモ中心だそうで。

JRuby 1.1.3は30%高速化するとか。でもその話はさわりだけ。

JRubyでSwingプログラミングが簡単に。MonkeyBarsの紹介。

Java OpenGLを使った2D グラフィックライブラリの紹介。

音声に反応するグラフィックスのデモも、Javaのライブラリで簡単と。

最後にWebアプリの話。JRubyでもっと速くできると。

Deployはwarblerでwarにするのは簡単。GlassFishにデプロイするのもコマンド一発というデモ。Merbも同じようにデプロイ可能だそうです。

GlassFishのgemのデモも。

Published on 06/21/2008 at 02:41 under . タグ , ,

今日が第1日ですが、前日からつくば泊まりだったのでホテルで朝食。

案内された席がまつもとさんの隣だったので、ちょっと話をさせてもらいました。

Published on 06/21/2008 at 01:53 under . タグ ,

しばらく、ブログを更新していませんでしたが、今年もRubyKaigiに来ました。

本日は、参加無料の0日目でしたが、予想通り結構濃い内容でした。下記は、RubyCentralの創始者のうち、Rich KilmerとChad Fowlerの2人です。

Chad Fowlerと言えば、以前紹介した"My Job Went To India":http://www.amazon.co.jp/gp/product/4274066592?ie=UTF8&tag=itasblo-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4274066592 の著者です。

ところで、本当は今日は休暇をとっていたのですが、朝急遽役員にプレゼンをするため、会社に行ってからつくばに来ました。今日の目玉であった、まつもとさんとRBCの最首さんの対談には、ギリギリ間に合う予定でいたのですが、朝新幹線が線路への侵入者のために遅れていて、焦りました。幸い遅れはほとんど取り返してくれたので、何とか間に合いました。

Published on 06/20/2008 at 14:25 under . タグ ,

先にリリースした"Four Days on Rails 2.0":http://rails.to/pages/4daysonrails2 の修正版をリリースしました。

[Update:2008/5/20]
下記の点を修正したVer.1.1をリリースしました。


  • Linux(Ubuntu)の場合にrubygemsをホームディレクトリにインストールする際のsetup.rbの不要な引数を削除しました。

  • 同じく、設定が必要な環境変数としてRUBYLIBを追加しました。(この設定がない場合、aptを使って導入したrubygemsのファイルが読み込まれ正常に動作しない場合があります)

  • ファイル拡張子の誤りを修正しました。

Published on 05/18/2008 at 04:24 under . タグ ,

勉強会の最中に掲載した半端な記事だけで、すいませんでした。

4月19日の勉強会は、予想以上の参加者が集まり(実際40人の定員が満員札止めだったようです)、有名な「円陣」からスタートして、みんなで楽しく勉強することができました。

ほかの開催地での勉強に比べて、トラブルは少なかったようですが、新しい教材での始めての開催ということで、ちょっと欲張っていたかなということもあり、最後はバタバタで宿題となってしまいましたが、非常に有意義な勉強会でした。講師の最首さん、世話役の五十嵐さん、NICOの事務局の方がたありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

P.S. いきなり最首さんから「挨拶を」と振られたので、言いたいことの一部しかいえなかった気がしますが、今後も新潟でRubyの輪を広げて行きたいと思っていますので、よろしくお願いします。

Published on 05/04/2008 at 13:44 under . タグ , ,

Powered by Typo – Thème Frédéric de Villamil | Photo Glenn